ダンスワークショップ

ダンスワークショップ

身体を柔らかくすれば、頭も柔らかく柔軟に!レッツ・ダンス!

身体を柔らかくすれば、頭も柔らかく柔軟に!レッツ・ダンス!

<< 講師 >>

Image

佐藤 美紀
(さとう みき)

ダンサー
振付家
スタジオアーキタンツ
プロデューサー

2004年までperformance unit nestの振付家兼ダンサーとして国内外の公演に参加。一方、サイトウキネンオーケストラをはじめ、カナダやオランダ、香港にて複数のプロジェクトにてダンサーとして出演。03年アジア欧州基金主催「ダンスフォーラム」(シンガポール)にて、自らの振付システムをレクチャー&デモンストレーション。05年《vanishing points》発表。オンステージ新聞評論家投票による新人振付家に選出される。06年新国立劇場DANCE EXHIBITION委嘱作品[c-e]発表。07年スペイン、ドイツにてワークショプ講師、作品発表を行なう。近年では、一般の方々、子どもたちとのワークショップを震災以降の東北や地元港区などで行うなど、ファシリテーター、コーディネーターとしても多様に活動する。スタジオアーキタンツのプロデューサー。

Image

髙中 梨生
たかなか りお

ダンサー
菅原小春アシスタント

1997年千葉県で生まれる。幼少期からとにかく踊ることが好きで、4歳から通い始めたダンススクールは唯一続いた習い事である。高校生になるとバレエ、HIPHOP、LOCKIN‘、HOUSE、JAZZなど様々なジャンルを学び、自身のスタイルを確立させる。現在は菅原小春のアシスタントを務め、主にインストラクターとして活動。私生活では1児の母である。
【主な出演歴】
・2007年Michael Jackson Premium V.I.P Party 出演
・東京ディズニーシー ミュージックフェスティバル 出演
・SWAGGOUT3 in Singapore 出演
・ビッケブランカ「ファビュラス」MV 出演
・Dance Fact OPENING SPECIAL EVENT KOHARUSUGAWARA presents SUGAR WATER 出演
・Foorin&Foorin teamE project by 米津玄師「パプリカ」ダンスレッスン / 振り付け助手

Image

木村 玲奈
(きむら れいな)

ダンサー
振付家

青森市出身、東京を拠点に活動中。2019~20年セゾン・フェローⅠ。20年よりダンス当事者たちのコレクティブ「ダンス作戦会議」メンバー。12年国内ダンス留学@神戸(振付家コース)を奨学生として修了。環境や言葉においての身体の変化や状態、人の在り方に興味をもち、国内外のレジデンスに参加するなど、様々な土地で老若男女幅広い年代の方々と交流しながら創作を試みてきた。20年より感染症下での創作、ダンスの在り方を模索する為、東京郊外に「糸口(いとぐち)」という小さな場を構え、ダンスと人・土地の関わり方、移動を読み直しながら、ダンスを後世に残していくことを試みている。 https://reinakimura.com/

Image

小谷野 哲郎
(こやの てつろう)

バリ舞踏家

東海大学音楽学課程在学中よりバリ舞踊を始める。同大学院修了後、1995年よりインドネシア政府給費留学生としてバリに留学。バリで当代最高の舞踊家たちに師事。帰国後、プロのバリ舞踊家として活動を開始。バリ舞踊やガムラン音楽、影絵を駆使しながら、国内外で様々なジャンルのアーティストたちと公演活動やワークショップを展開。アジアの伝統をベースにした舞台を創作し続けている。日本インドネシア芸術文化交流オフィス「ジュクン・ミュージック」代表。2005年、在日インドネシア共和国大使館より文化功労賞授与。 著作に「インドネシア芸能への招待ー音楽・舞踊・演劇の世界」(共著。2010年。皆川厚一編)など。

Image

平田 さやか
(ひらた さやか)

カポエイリスタ
CRJ埼玉支部 代表

1996年、矢部良(CRJ東京本部代表)のもとでカポエイラを始める。98年-2017年までに7回本場ブラジルにて修練し、2006年には指導資格を取得。2011年よりCRJ埼玉支部代表を務める。カポエイラは音楽に合わせた独得な蹴り技や掛け合い、アクロバットが魅力的なブラジルの伝統武芸です。Roda de capoeira(ホーダ・ジ・カポエイラ)と呼ばれる、楽器を中心にして人の輪を作り、周りの人が歌い手拍子をする中、輪の中心でカポエイラの組手を行います。このRoda de capoeiraは2017年後に世界ユネスコの無形文化遺産に登録されました。私たちはカポエイラの中で、エネルギーあふれるカポエイラ・ヘジョナルというスタイルを学んでいる団体です。
https://capoeiraregionalja.wixsite.com/saitamacapoeira

Image

平島 聡
(ひらしま さとる)

カホン

'80年代後半から音楽/現代演劇の活動を開始、海外・国内を巡演。'89~'99年シアター・カンパニー『mabiza』主宰ほか、ディレクター/パフォーマー/ドラマトゥルクとして、欧州や国内を巡演。'99~'04年鈴木眞澄スペイン舞踊団に参加、フラメンコとカホンに出会い、演奏・伴奏を研鑽。以降、’04年伊藤日出夫フラメンコ歌舞団中国公演など、東京を拠点に、各地の舞台でフラメンコ・カホン奏者として活動。同時にパーカッショニストとして、各種演奏会やレコーディングへの参加、演劇、ダンスなどとの共演を国内・海外で展開。現在、フラメンコやコンテンポラリー・ダンスなどのクラスアカンパニスト(伴奏)として、また、カホン、パルマ(手拍子)の指導など後進の育成にもあたっている。

<< ダンス・スケジュール >>

No. 日付 時間 プログラム
1 11.06(土) 13:00-15:00 ダンスで自己紹介。
2 11.07(日) 10:00-12:00 習うダンスと創るダンス(二人組で相談しながら創作をする)。
3 11.13(土) 13:00-15:00 日本ではない国の文化に触れてみる① 舞踊と武術両方の意味合いを持つブラジルの格闘技を通して、新しい文化を体験。
4 11.14(日) 13:00-15:00 好きなものを集めて、そこからダンスに仕立てていこう。
5 11.27(土) 13:00-15:00 日本ではない国の文化に触れてみる② 同じアジアにありながら全く違う舞踊を踊りながら、その身体性などを考えてみる。
6 12.04(土) 10:00-12:00 いままでのダンスをおさらいし小さなパートを創る(ソロパートからグループパートへ展開)。
7 12.05(日) 10:00-12:00 ソロダンスとグループダンスを踏まえてデュエットの作成。
8 12.24(金) 15:00-17:00 作品の構成を作成し、練習してみる。
9 12.25(土) 13:00-17:45 作り上げた作品を通してみる。演劇チームと発表しあい交流の場を持つ。
10 12.26(日) 終日予定 発表会! 仲間と作ったダンスを、家族やお友達に観てもらおう!

演劇ワークショップ

演劇ワークショップ

演技の基礎を学びながらコミュニケーション力を高めて、心で感じたことを体で表現しよう!

演技の基礎を学びながらコミュニケーション力を高めて、心で感じたことを体で表現しよう!

<< 講師 >>

Image

中村 公平
(なかむら こうへい)

演劇ワークショップ講師
俳優・演出家
劇団レトロノート代表

大学在学中より俳優・演出家として活動を開始。2001年劇団レトロノートを旗揚げ。劇団以外にも様々な団体へ参加。中学校や高等学校、自治体主催の演劇教室の講師など数多く手がけ、演劇と教育を結びつけた活動を幅広く行っている。また、プロの俳優育成にも定評があり、ソニー・ミュージックアーティスツ等芸能事務所での演技講師、女優集団・劇団ハーベストの指導・演出も担当。主な演出作品、劇団ハーベスト全作品、劇団スーパー・エキセントリック・シアターSET LABO、電動夏子安置システムなど多数。

Image

たかはし さら

俳優

ソニー・ミュージックアーティスツが開催した女優発掘オーディション「アクトレース」で選ばれ、2012年1月に「劇団ハーベスト」の旗揚げメンバーとして、芸能活動を開始。以降、同劇団の公演にて舞台経験を積む(最新作は『サゼン〜幕〜』)。近年では客演としての舞台にも積極的に取り組み、もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ『桃山ビート ・ トライブ』(2017)、月刊「根本宗子」第15号『紛れもなく、私が真ん中の日』(2018)、『ラフカット2019』などに出演をした

Image

川畑 光瑠
(かわばた ひかる)

俳優

ソニー・ミュージックアーティスツが開催した女優発掘オーディション「アクトレース」で選ばれ、2012年1月に「劇団ハーベスト」の旗揚げメンバーとして、芸能活動を開始。同劇団で演技を学び、舞台女優としての経験を積む。現在は、舞台映像問わず活動の幅を広げている。今年の6月にはフジテレビ月9ドラマ「Night Doctor」に看護師青山涼香役でレギュラー出演。7月にはワンツーワークス#33「29 万の雫‐ウイルスと闘う‐」@赤坂 RED THEATERに出演した。

Image

篠崎 新菜
(しのざき にいな)

俳優

ソニー・ミュージックアーティスツが開催した女優発掘オーディション「アクトレース」で選ばれ、2012年1月に「劇団ハーベスト」の旗揚げメンバーとして活動を開始。同劇団で演技を学び、俳優としての経験を積む。ショートムービー『ハッシュタグを信じるかい?』(2018・西川達郎監督)で主演、2019年には、舞台『溺れた女神、救うは奏で』(作演 益永あずみ)で主演を務めた。

<< 演劇・スケジュール >>

No. 日付 時間 プログラム内容
1 11.06(土) 15:30-17:30 簡単なコミュニケーションゲーム、みんなで考えよう「表現することって楽しい!」など。
2 11.13(土) 15:30-17:30 表現するって楽しい、演じるってどういうこと? セリフを言ってみよう!簡単なコミュニケーションゲーム・簡単に発声! セリフカードを使って会話をしてみよう!
3 11.14(日) 15:30-17:30 想像してみよう! 創造してみよう!見えないものを共有てきるかな? 見えない大縄跳ひ !? 部屋を作ってみよ!
4 11.23(火) 15:30-17:30 人ってどんな風に動いてる? 話してる? 声で遊ほう!歩き方や話し方、色々な声を出してみよう!
5 12.04(土) 12:30-14:30 嬉しい時、悲しい時、想像してみよう。伝え方ひとつで、嬉しくなったり悲しくなったり。嬉しい時はどんな顔? どんな声? 色々な言葉で伝えてみよう。
6 12.05(日) 12:30-14:30 もうすぐ完成!台本を読んでみよう!物語を整える。
7 12.17(金) 18:00-20:00 台本を完成させて、みんなで台本を読もう!配役を決めよう!
※ 活動場所 : 彩の国さいたま芸術劇場 大練習室
8 12.24(金) 17:00-19:00 稽古をしよう!楽しく練習しよう!
9 12.25(土) 13:00-17:45 最終稽古!楽しく練習しよう!
10 12.26(日) 終日予定 発表会! 仲間と作った物語を、家族やお友達に観てもらおう!